税理士や弁護士に頼らず限定承認

限定承認は少し難しい手続きなので、税理士や弁護士に依頼する人が多いですよね。
しかし、金銭的な意味での最善策は、やはり「自分でやる」が正解です。
税理士や弁護士に依頼すると数十万円の費用が発生しますが、自分で行えば数万円で済みます。
それでは実際、どのように進めれば良いのでしょうか?
続きを読む 税理士や弁護士に頼らず限定承認

限定承認の手続きの期限

限定承認という手続きには期限があります。
何も手続きをせずにこの期限を超過してしまうと単純承認となってしまいます。
つまり遺産相続というものは、もたもたしていると莫大な負債を相続してしまう可能性も出てきてしまうものなのです。
では実際、いつまでに限定承認の手続きを行えば良いのでしょうか?
続きを読む 限定承認の手続きの期限

限定承認の手続きにかかる費用

限定承認は単純承認や相続放棄に比較すると、特殊な手続きであると言えます。
プラスの遺産もマイナスの遺産も全て相続する単純承認、すべて放棄する相続放棄は、非常にシンプルですよね。
しかし限定承認は、プラスの遺産とそれを限度としたマイナスの遺産の一部のみを承認する、という特殊な相続の形になりますので、手続きも少し複雑になります。
故に弁護士など法律の専門家に依頼することが一般的なのです。
続きを読む 限定承認の手続きにかかる費用

限定承認と相続税

遺産相続の難しい問題の一つとして挙げられるのが、相続税ですよね。
相続税とは故人の残したプラスの遺産の額によって10パーセントから50パーセントの範囲で課税される税金です。
遺産の額が1000万円以下であれば10パーセント、3000万円以下なら15パーセント、5000万円以下で20パーセント、1億円以下で30パーセント、3億円以下で40パーセント、3億円以上の場合は50パーセントも持って行かれます。
続きを読む 限定承認と相続税

限定承認のデメリットとは?

限定承認とは、故人に債務があった場合、その継承をプラスの遺産の範囲内に留めることができるという非常にメリットの大きい遺産相続方法です。
しかし何事にもデメリットというものはあるものですよね。
限定承認にも、それなりのデメリットはあります。
今回はそのデメリットについて、少し掘り下げて解説します。
続きを読む 限定承認のデメリットとは?

限定承認のメリットとは?

遺産相続のさいに選択肢となるのは、プラスの遺産もマイナスの遺産も全て継承する単純承認、プラスもマイナスもすべて放棄する相続放棄、プラスを全て継承しその範囲内のみマイナスも継承する限定承認の三つです。
今回はこの三つの中でも少し異色な限定承認のメリットを解説します。
続きを読む 限定承認のメリットとは?

限定承認を選ぶべきケースとは

限定承認とは、相続人がプラスの遺産の範囲内のみでマイナスの遺産、つまり債務を弁済する手続きです。
故に、一般的には遺産のプラスマイナスが全く見当がつかないケースに有効な手段と認識されています。
もちろんそれは正解なのですが、じつは限定承認が有効となるケースはそれだけではないのです。
続きを読む 限定承認を選ぶべきケースとは