単純承認か限定承認か

遺産相続の選択肢は単純承認、限定承認、相続放棄の三種類です。
故人に莫大な負債があることが明らかな場合などは相続放棄を選択するべきですが、そうでない場合には単純承認か限定承認かの二択になります。

日本の法律で相続の本来的な形とされているのは単純承認です。
故に相続の発生、つまり相続人が自分が相続人であることを知ってから三か月間何も手続きをしないと、単純承認を選択したものとみなされ確定してしまいます。
つまり三カ月以内に結論を出さなければならないのです。
単純承認か限定承認か、この二択を迫られたとき、いったいどちらを選択すれば良いのでしょうか?

そもそも単純承認をするべきか限定承認をするべきかで迷っているということは、つまりマイナスの遺産が残されている可能性を疑っているということですよね。
「明らかにプラスの遺産がマイナスの遺産を上回っている」もしくは「プラスの遺産しか残されていないことが明確である」といった場合であれば、そもそも限定承認という選択肢はあり得ません。
仮にマイナスの遺産があったとしてもプラスの遺産がそれを上回っているのであれば、単純承認をしてプラスの遺産から弁済すれば良いだけです。
マイナスの遺産がまったくないプラスの遺産のみの相続であれば、単純に財産を継承するだけですので簡単なことですよね。

プラスとマイナスがどっこいどっこいで、僅かにプラスが上回っている場合、金額によっては相続税で赤字になる可能性があります。
そういった場合には相続放棄を選択するべきであり、限定承認を選択する必要性があるケースはレアです。
将来的に価値が大きく高騰するとある程度確証を得られているものがプラスの遺産の中に存在しているケースなど、あまり一般的ではないレアケースのみです。

「明らかにマイナスの遺産がプラスの遺産を上回っているが土地や家宝など残したい遺産がある」という場合であれば、逆に限定承認しか選択肢はありません。
つまり消去法で考えて、単純承認と限定承認とで迷っているのであれば、基本的には限定承認しか選択肢はないということなのです。