限定承認の手続きの期限

限定承認という手続きには期限があります。
何も手続きをせずにこの期限を超過してしまうと単純承認となってしまいます。
つまり遺産相続というものは、もたもたしていると莫大な負債を相続してしまう可能性も出てきてしまうものなのです。
では実際、いつまでに限定承認の手続きを行えば良いのでしょうか?

結論から言うと、限定承認の手続きの期限は三カ月です。
これは相続放棄も同じです。
この三カ月というのは、相続人が自分が相続人であることを知ったときからの三カ月間となります。
つまり被相続人である故人が亡くなったことを相続人が知らなかった場合、その知らなかった期間は含まれません。
決して被相続人の死亡日時から数えて3カ月ではないのです。

法定相続人とは配偶者や子供など、基本的に近しい親族ですので、「相続人が被相続人の死を知らなかったというケースはあまりないのでは?」と思う人も多いでしょう。
しかし、そうでもないのです。

たとえば被相続人が何かしらの事件や事故、災害などに巻き込まれ、消息不明となった後に死亡が確認されるケースもありますよね。
先の震災ではこのような悲しい出来事が数えきれないほど発生しました。
最近では老人の孤独死も多いので、老衰であっても遺体が発見されるまでに死後数か月かかったというケースも少なくありません。
被相続人と相続人が絶縁状態となっていて、被相続人が死亡したことを相続人になかなか知らせることができなかった、というケースは、割とよくあることです。

故に必ずしも法定相続人がすぐに被相続人の死を認知できるかと言えば、そうではないのです。
だからこそ限定承認の手続きの期限も、自分が相続人であることを認知してからの三カ月となっているのです。

いずれにしても相続人は、自分が相続人であることを認知した瞬間から迅速に判断し、行動を起こす必要があります。
たしかに、身内が亡くなったことの悲しみを受け入れる時間も考えれば、三カ月というのはあっという間です。
しかし法律は基本的に、それを待っていてはくれないのです。