知っておくとイイ!限定承認


 
相続の対象となる財産は、預貯金や不動産など挙げればきりがありません。しかし中には、借金などの「ありがたくない財産」も相続の対象となります。もし「ありがたくない財産」があれば、相続放棄により手放すことが可能です。
ただし相続放棄をしてしまうと、大事な人の形見も一緒に失ってしまうことになります。また後になって莫大な財産が見つかったとしても、相続放棄を取り消すことはできません。そこで登場するのが限定認証です。

限定認証とは、相続で得た財産の範囲内で「ありがたくない財産」も引き継ぐ相続方法です。例えば相続財産が1,000万円あり、5,000万円の借金を抱えていたとします。相続放棄をすると5,000万円の借金の支払いからは免れるものの、同時に1,000万円の財産を引き継ぐことはできません。
でも限定認証という形で相続の手続きをすると、1,000万円の相続財産を受け継ぐことができます。ただし借金も一緒に受け継ぐことになるものの、受け継ぐ借金は1,000万円までです。限定認証で相続手続きを進めると手元に残る財産は0円にはなりますが、借金がある程度は減るので他の相続人に負担がかかることはないでしょう。

ただし限定認証はメリットもあれば、デメリットもあります。限定承認をするには、相続人全員の同意が必要です。1人でも限定認証に反対する人がいれば、全ての財産を相続する単純認証か相続放棄しか選べなくなります。
手続きも厄介で、家庭裁判所で申述すれば終わりという訳ではありません。広告・弁済の手続きも済ませて始めて、限定認証となります。相続放棄の場合は手続きを進めるのは簡単ですが、限定認証の手続きは何かと面倒です。

手続きが面倒な限定認証ではあるものの、人によっては限定認証をした方が良い場合があります。被相続人の金遣いが荒く多額の借金を背負っている恐れがある時は、限定認証の手続きを考えた方が良いでしょう。万が一単純認証で相続をすると、後で限定認証に変更することができなくなるからです。
また相続財産の中にお宝がある時も、限定認証はおすすめです。借金があるからと安易に相続放棄をすると、お宝そのものも手放さなければならなくなります。

特に何もなければ、単純認証で相続手続きを進めても問題ないでしょう。でも借金の疑いが少しでもあるのなら、素人判断で動くのはおすすめできません。後で変更したいと家庭裁判所に申し出ても、門前払いがオチです。
少しでも疑念が心の中にあるのなら、一度専門家まで相談することをおすすめします。