相続の手続きはいつから行うの?


 
・相続の手続きはいつから?
被相続人が亡くなった場合、相続の手続きが必要となります。
しかし、相続というのはそもそも体験する機会もほとんどないということもあって、人によっては「いつから相続の手続きが必要なの?」と思うかもしれません。
この相続の手続きに関しては、相続があることを知ってからとなります。
つまり、相続するものがなければ、そもそも手続きも申請も必要ありません。
ただ、多くの場合は現金だけではなく、住宅や土地などの相続も必要となり、しっかりと考えて相続することが必要となっているのです。
被相続人が亡くなって、相続する財産や資産があると知った場合は、必要な手続きをしっかり進めていくようにしましょう。
特に相続に関する手続きや申請に関しては、期限が設けられているものもあります。
その期限を過ぎると、基本的には無効となってしまうこともあるので注意しましょう。
 
・気をつけておきたいのは税金の申告と納付
相続の中でも、特に必要となってくる手続きの1つが相続税です。
相続税というのは、文字通り相続するものがある人に課せられる税金となっています。
この申告と納付が10か月以内と決められているので、意外にも忘れがちになってしまうこともあるかもしれません。
税金の場合は申告せずにそのまま放置しておくと、脱税だと思われる可能性もあります。
本人には悪気がなかったとしても、場合によっては「知っていて故意に脱税した」と判断されてしまうこともあるかもしれません。
そうなってくるとやはり厄介なのではないでしょうか。
もちろん、国ではそうならないように伺い書などを送付したりすることで、納税を促す方法を色々と考えてくれています。
また、基礎控除が最低でも3,000万円と相続人1人当たり600万円が用意されているので、それを超えない限りは申告も納付も必要ありません。
ただ、それらに関しては素人が判断するのも難しいので、税理士などのプロに依頼した方が安心でしょうね。
 
・手続きが間に合わなかったらどうなるの?
手続きに関しては「いつからできるの?」と思っている方も多いですが、実際には「いつから」よりも「いつまで」の方が重要となってくるかもしれません。
手続きが期限までに間に合わなかった場合は、最悪の場合は申請が無効となります。
また、必要な相続税などがあるのに払っていなかった場合は、追加で課税されることもあるかもしれません。
それらを防ぐためには、やはり専門家への相談が必須となるでしょう。